個人投資家と日銀が、密かに動く!?海外投資家は、クリスマスで・・・

海外投資家がクリスマス休暇?に入り
本日の東京マーケット、株式市場は

個人投資家と、日銀によるETFの購入
がらみの商いが中心。

さすがに、迫力不足を否めず、売買代金
も2兆円を割り込んでしまっています。

毎年のことですが、クリスマスの時期に
海外投資家(ヘッジファンドが中心です)
が、いかに東京市場で

メインプレーヤーになっているかを
確認することになります。

日経平均株価の本日の終値は、
22,939.18円(高値は、22,948.83)

11月9日の、瞬間につけた

23,382.15円に、再度チャレンジして
いますが、

23,000円を超えるまでには、
なっていません。

23,000円を節目と考え、

そのあとの目安は・・・

参考までに↓(11/28ブログ記事より)

バブル崩壊後の高値
22,666円(96/6/26)
-これはクリア

長期的な動きをみるのに良く
使われるのが、

フィボナッチ比率

まずは、
日経平均株価の高値
38,957円(1989年12/29の高値)

日経平均株価の安値
6,994円(2008年10/28の安値)

38,957円−6,994円=31,963円

この下げ幅を使います。

a.31,963円(下げ幅)の半値(50%)
戻し

15,981円+6,994円=

22,976円
-これもすでにクリア
(11/9には、一瞬高値
23,382円まで)

b.31,963円下げ幅の61.8%戻し

19,753円+6,994円=

26,747円

フィボナッチ比率は利用する、
投資家も多く、

今後の目安とするのが、
良いでしょう。

バブル崩壊後の最高値を更新した日経平均株価が、まだアガるかもしれない3つの理由。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る