MENU
再スタート、準備中。 ボタン

世界企業の時価総額ランキングとマーケット

ランキングは好きですか?

まだ、予断を許さない状況ですが、マーケットの世界では、地政学
上のリスクや、フランス大統領選(仏のユーロ離脱)の結果等によ
る、悪いシナリオは回避されるという流れになっているようです。

懸念材料が、払拭されると、景気や経済、企業の業績といった、
ファンダメンタルズを評価するのが、株式市場の特徴でもあります。

欧州では、フランス(CAC40指数)はもちろんのこと、ドイツ(DAX
指数)、イギリス(FT100指数)、さらにはスペイン(IBEX指数)、
イタリア(MIB指数)の南欧諸国の株式市場も、銀行株を中心に先週は
全面高となる場面がありました。

米国株式市場においても、ハイテク株を中心とするナスダック総合指数
が史上初の6,000ポイント台を達成。トランプ大統領就任からの、ご祝
儀的な?「トランプ相場」から、業績相場へと移り、堅調に推移してい
ます。企業の規模をあらわす時価総額のトップ5をみても、米国ハイテ
ク企業の好調さが目立ちます。それにしても、でかい。

世界の企業時価総額ランキング
1.アップル(AAPL)7,540億ドル  82.5兆円
2.グーグル(GOOG LアルファベットA)6,080億ドル  66.9兆円
3.マイクロソフト(MSFT)5,240億ドル 57.6兆円
4.アマゾン(AMZN)4,340億ドル 47.7兆円
5.フェイスブック(FB)4,240億ドル 46.6兆円

※数字は、4月末時点、概算。円は、1ドル=110円で計算。()は、
その企業のシンボル。

因みに、日本企業のトップは、
トヨタ自動車(証券コード 7203)の、1,795億ドル、19.7兆円
世界ランキングでは、40位前後のところにいます。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる