MENU
再スタート、準備中。 ボタン

『インターステラー』(Interstellar)〜現実とSFの世界の間で

地球の寿命が、尽きようとしている。地球に変わる、惑星を探す
壮大な人類のミションに選ばれたのは、自分の子どもを守ろうと
必死な元エンジニア、パイロット?の父親(マシュー・マコノヒー)
でした。

四次元とか、五次元の世界やブラックホールの謎などすべてを理解
しようとすると、??がついたまま終わってしまうと思いますが、
”人類の宇宙への挑戦”

とみれば、スッキリするのではないでしょうか?

壮大なテーマの中に、娘に対する愛情や困難なミッションに挑む強い
男の姿を重ね合わせるあたり、さすが、クリストファー・ノーラン
(監督)の作品だと思いました。音楽にも、心揺さぶられました。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる