MENU
再スタート、準備中。 ボタン

日経平均株価の2万円回復は、1年半ぶり。それでも、まだ・・

2万円と言っても、まだピークの半分程度!?

日経平均株価が、20,000円の大台にのせてきています。実
(6/2)に、1年半ぶりになるそうです。欧米の株式市場に
比べ、出遅れ感があっただけに、「やっと」いうか、
「ようやく」といった、安心感が市場には出てきています。

6月に入り、国内外の機関投資家(投信や年金資産といった
運用を専門におこなう、豊富な資金をもつ)の資産配分の見
直しがあり日本株に買いが入ったという市場関係者の話です。

一方で
海外投資家のうち、ヘッジファンドの一部が、日本株を売っ
ていた(下落によって利益を確保)ところ、思うようになら
ず、慌てて買い戻したのではなどの憶測もあり、実際のとこ
ろは、わかりません。

ただ、国内設備投資の回復や企業業績の見通しが堅調なこと
など、マーケットにとってプラス材料もあり、欧米市場に
比べ、業績面からの割安感は、まだあると思います。

英国総選挙や米国利上げ後の不安材料は、確かにありますが
20,000円を大きく割り込むようなことがあれば、積極的対応
したいものです。

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる