MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(27日)反発。関心は景気の強さに対するFRBの自信へ。

[table id=152 /]

目次

FRBの自信

27日の米国市場、主要3指数はいずれも、上昇。FRB(米連邦準備制度理事会)は、26日利上げを決定、今後の金融政策見通しは、概ね据え置くかたちとなっていましたが、声明から「緩和的」の文言が削除されたことで、憶測を呼びマーケットは下落して終了していました。27日は、FRBのスタンスのうち、関心がむしろ、景気の強さに対するFRBの自信に移り、この日のマーケットの追い風となっていたようです。

FAANGが引っ張る

米国ハイテク企業を主導する、FAANG(ファング)
フェイスブック(FB)168.84ドル(+1.89ドル/+1.13%)/アップル/アマゾン(表参照)/ネットフリックス(NFLX)380.71ドル(+2.83ドル/+0.75%)/アルファベットのグーグル(GOOGL)1,207.36ドル(+13.30ドル/+1.11%)はそれぞれ上昇し、マーケットの上昇を引っ張りました。

26日の米国市場について↓

米国市場(26日)、予想通りの利上げも声明の解釈に憶測が・・

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる