MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(19日)金融株と中国関連が買われ上昇。

[table id=140 /]

目次

金利上昇で金融株がしっかり

19日の米国市場、ニューヨーク・ダウと、S&P500は続伸、ナスダックは反落。ダウは、1月下旬以来の高値で、過去最高値の26,616ドル(1/26)にせまっています。通商協議を巡る懸念が後退したことや、金利(米国債の利回り)の上昇で金融株に買いが入りました。ニュースとしては中国の李克強首相が演説で人民元安は望まず、米国との対話による問題解決を呼びかけたことが伝わりました。

中国関連では、ボーイング(BA +0.45%)やキャタピラー(CAT +2.48%)が、金利上昇で、ゴールドマンサックス(GS +2.92%)やJPモルガン・チェース(JPM +2.90%)が買われていました。

18日の米国市場↓

米国市場(18日)の過度な警戒感和らぎ、反発。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる