MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(9日)は、ハイテク株と金利に落ち着きが・・・

[table id=169 /]

目次

中国、素材関連が売られ、エネルギーとハイテクが堅調

9日の米国市場、ダウは反落。米中貿易摩擦の激化への不安が残る中、中国市場への依存度が高い、キャタピラー(CAT/▼2.54%)やダウ・デュポン(DWDP/▼3.67)などの素材株が売られていました。買われていたのが、小売のウォルマート(WMT/+2.52%)や石油のシェブロン(CVX/+1.59%)。ハイテク株の比率が高いナスダックは、4営業日ぶりに小幅に反発。テスラ(TSLA/+4.89%)やアマゾン(AMZN)がしっかり。

金利も落ち着く?

気になる米国金利、10年国債の利回りは一時、3.26%と2011年5月以来まで上昇(債券が売られる)しましたが、徐々に落ち着きを取り戻し安全資産としての債券が買われる(金利低下)展開でした。

8日の米国市場↓

米国市場(8日)ダウ反発するも、金利高止まりや米中関係悪化懸念が・

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる