MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(24日)、急落。来期以降の企業業績にネガティブ要因!?

[table id=192 /]

目次

来期以降の業績見通しに暗雲が!?

24日の米国株式市場は、急落。半導体メーカーの期待はずれの業績見通しや、住宅販売の伸びの鈍化などを受け、米国経済や企業業績への懸念が強まり、主要3指数はいずれも大きく値下がりしています。なかでも、ハイテク株の多いナスダックは、前日比▼4.4%安と1日の下落率としては、2011年8月以来の大きさとなりました。

「第3四半期決算は、良いが、多くの企業が、次期第4四半期と2019年について、関税や中国の景気後退などの要因を理由に、ネガティブな見通しをしめしており、売りを誘った。特に、半導体の大手のTI(テキサス・インスツルメンツ -TXN 92.01ドル/▼8.24ドル/▼8.22%)が、大幅に鈍化すると、需要予測をしたのが、ハイテク全般に影響した」とこの日のマーケットについて解説する市場関係者がいました。

企業業績の見通しに不透明要因が多いうちは、リスクオフムードが続くと考えられますが、米国株が大きく下がるほどに割安感が出てくるのも事実ですので、押し目買いが支える状況を待ちたいところです。

23日の米国市場↓

米国市場(23日)は下落。好決算も先読みで警戒感!?

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる