MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(20日)は小反発。フェイスブックの下落が重し?

目次

フェイスブックの個人情報

21日の東京市場は
祝日(春分の日)のために、

お休みでしたが、

20日の米国株式市場
ニューヨーク・ダウは
小反発。

前日比+116.36ドル高い

24,727.27ドル(+0.47%)

他の主要指数では、

S&P500
2,712.92
(+4.02/+0.15%)

ナスダック
7,364.30
(+20.06/+0.27%)

でした。

原油価格が上昇し、
エネルギー関連企業の株が
買われていましたが、

フェイスブック(FB)が
前日に続いて急落した

ことが、全体の株価上昇
を抑えました。

フェイスブック(FB)の株価は、
168.15ドル▼4.41ドル(▼2.56%)

フェイスブックによると
この日、ケンブリッジ・アナリティカ
の個人データ収集方法について

週内にも米連邦取引委員会(FTC)
から質問状が届くことを明らかに
しています。

ケンブリッジ・アナリティカは
先の米国大統領選挙で、トランプ
陣営が起用した会社です。

問題になっているのは、同社が

5,000万人のフェイスブックユーザー
の情報を本人の同意なしに取得し
保持していたのでは、ということ
のようです。

「フェイスブック幹部の議会招致の
可能性や

新たな規制が設けられたり
法律がつくられることを
懸念している」という

一部市場関係者の声がありました。

また、現地21日に終了する、
FOMC(米連邦公開市場委員会)では

”利上げがおこなわれる可能性は高い
が、利上げペースが、3回なのか、

4回なのか、新議長体制の方向性を
見極めたい”とする意見がありました。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.89%(前日 2.85%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
18.20(前日 19.02)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

関連記事はこちら↓

3月1週も海外投資家の売りは止まらず。国内勢が支える?東京株式市場。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる