MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(18日)は下落。貿易戦争への不安、継続

 

目次

米中間の関税合戦

週明け18日の米国株式市場、
  ニューヨーク・ダウ
24,987.47ドル
(▼103.01ドル/▼0.41%)

       S&P500は
          2,773.75の
    (▼5.91/▼0.21%)

         ナスダックが、
          7,747.02
        (+0.64/+0.01%)
 ダウとS&P500は値下がり。

ニューヨーク・ダウ直近3ヶ月の動き↓

引用元 ニューヨーク・ダウ【^DJI】:株式/株価-Yahoo!ファイナンス

中国への輸出比率が高い

  米中間の、関税合戦?を嫌気し、
 対中国への輸出比率の

 高い企業の

 ボーイング(BA)
 354.74ドル(▼3.14ドル/▼0.88%)

 キャタピラー(CAT)
 148.90ドル(▼1.34ドル/▼0.89%)
 など引き続き売られ、半導体の売上を中国
 で伸ばす、

 インテル(INTC)
 53,26ドル(▼1.89ドル/▼3.43%)
 も下落が目立っていました。

 アップル(AAPL)は
 188.75ドル(▼0,05%)
 とほぼ変わらず。

 一方、週末のOPEC(石油輸出国機構)総会を
 前に協調減産解除の思惑等の理由で上昇
 した原油価格の連想から

 シェブロン(CVX)
 126.10ドル(+1.93ドル/+1.56%)

 などエネルギー関連の株が堅調でした。

  2つの気になる数字は

   米国10年国債の利回りは
    2.92%(先週末 2.93%)
    ※この値が高いほど
   債券が売られ、
   金利が上昇している
    ことをあらわします。

     VIX指数(恐怖指数)は
     12.31(先週末11.98)
    ※こちらは、数字が大きいと
    先行きに対する不安が高いことを
    あらわします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる