MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(27日)、ツイッター急落もアマゾンは、過去最高値更新。

[table id=56 /]

目次

GDPは高水準でも、もの足りない?

27日の米国市場、ダウは、反落。
S&P500とナスダック指数は、続落。

米商務省が発表した第2(4-6月期)・四半期GDPは、
年率換算で前期比4.1%増と市場予想と一致。
米経済率が約4年ぶりの高水準にあることが確認された
ものの、

貿易摩擦によるマイナス要因を払拭
(ふっしょく)するまでの内容には至らなかった
ようです。

アマゾンの一人勝ち

ツイッター(TWTR)は、第2・四半期決算で
月間アクティブユーザーが予想を下回り、
現在すすめている、不審なアカウントの削除
によって今後もユーザー数が減少し続ける
可能性をしめしたことで、

34.12ドル(▼8.82ドル/▼20.54%)
と急落。

また、
半導体のインテル(INTC)は、第2・四半期
利益・売上高とともに市場予想を上回ったものの
利益率の高いとされるデーター事業が伸び悩み、
ライバルのアドバンスト・マイクロ・デバイセズ
(AMD)にシェアを奪われているのではという
憶測がひひろがり、

47.68ドル(▼4.48ドル/▼8.59%)
とこちらも大きく値を下げていました。

その他のハイテク大手では、マイクロソフト(MSFT)が
▼1.8%安、
アルファベットのグーグル(GOOGL)が
▼2.5%安
また、31日に決算発表する
アップル(AAPL)も1.7%安
と、下げが目立ちました。
一方、

アマゾンの
四半期決算では、ネット販売の堅調な伸びと
クラウドサービスへの需要拡大を追い風に
39%の増収で、利益は過去最高を記録。
株価も、取引時間中には、4%上昇し、
最高値の更新となりました。
※高値は、1,880.05ドルまで

26日の米国市場↓

米国市場(26日)、堅調アマゾン、フェイスブック急落!?

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる