MENU
再スタート、準備中。 ボタン

マイクロソフト、 AzureとOffice365が支える成長戦略!【7-9月期/Q1,2024】次世代クラウドビジネスの成功例となるか?

※アフリエイト広告を利用しています

7-9月期の売上高は、四半期ぶりの二ケタ増を達成。特に注目されるのは、クラウド部門のAzureが28%増収、Office365が17%増収と、市場予測を大きく上回るパフォーマンスを見せた点です。これにより、同社は4四半期ぶりに二桁増収を実現し、今後の成長への期待が高まっています。

目次

好調AzureとOffice365で売上高、EPSともアナリスト予想を上回る!

決算のポイント

決算のポイント
  • 売上高は4四半期ぶりに二桁増収を達成。
  • 3部門全てが市場予測を上回る増加率を示し、営業利益も市場予測を上回る。
  • 企業向けウド版Office365、総合クラウドサービスAzureが前四半期からの成長を継続。

決算概要

2023/7-9月(Q1)2022/7-9月(Q1)前年同期比
売上高56,51750,122 +13%
営業利益26,89521,518+25%
当期利益22,29117,556 +27%
EPS 2.99 2.35+27%
単位百万ドル EPSはドル
  • 売上高は565億ドル前年同期比で13%増加。4四半期ぶりの二桁増収。市場予想545億ドル上回る。
  • EPS(一株あたり利益)も2.99ドルと市場予想2.65ドルを上回る。
  • PBP(プロダクティビティ&ビジネス・プロセス)部門は同12%増、IC(インテリジェント・クラウド)部門は同19%増、MPC(モア・パーソナル・コンピューティング)部門は同2%増となり(為替の影響を除いたベースで)市場予測を上回る増加率。3部門全てが営業利益も市場予測を上回る増加を達成。
  • MPC部門は、PCメーカー向けのWindowsライセンス収入が同4%増収し、前四半期の12%減収から増収に。
  • 製品別では、為替の影響を除いたベースで、クラウド版Office365企業向けは同17%増収となり、前四半期の17%増収からの成長を継続。また、総合クラウドサービスAzure(アジュール)等も同28%増収となり、会社の計画(25-26%増)や市場予測(同26%増収)を上回る。
  • 次の10-12月期/Q1,2024年の部門別売上高の会社計画も3部門とも、市場予想を上回る内容。
  • Azure等の増収率(為替の影響を除いたベース)は「同26-27%増」の会社計画が示され、市場予測(25.1%増)を上回る。引き続きAI(人工知能)の貢献が拡大すると市場関係者。

マイクロソフトの主要3部門について

PBP(Productivity and Business Processes )

Office 365/Microsoft 365: ユーザーにクラウドベースのプロダクティビティツールを提供します。Word、Excel、PowerPointなどのオフィスアプリケーションに加え、企業向けにはTeams、SharePoint、Exchangeなどのコミュニケーションと協働のためのツールが含まれます。

LinkedIn: プロフェッショナルネットワークサービスで、キャリア構築、人材採用、業界ニュースの共有、プロフェッショナルな交流を促進します。

Dynamics 365: 企業の顧客関係管理(CRM)とエンタープライズリソースプランニング(ERP)のニーズをサポートするクラウドベースのビジネスアプリケーションスイートです。

IC(Intelligent Cloud)

Azure: クラウドコンピューティングサービスで、仮想マシン、アプリケーションのホスティング、AIサービス、データ分析、ストレージソリューションなど幅広いサービスを提供します。

SQL Server: 高性能なリレーショナルデータベース管理システムで、データ分析、アプリケーションのデータ管理、ビジネスインテリジェンスの機能を提供します。

Windows Server: 企業のデータセンターとクラウド環境の両方で使用される、セキュリティ、管理性、仮想化などの機能を備えたサーバー用オペレーティングシステムです。

MPC(More Personal Computing)

Windows: PC、タブレット、その他のデバイス向けのオペレーティングシステムで、世界で最も広く使用されているOSの一つです。

Xbox: ゲームコンソールおよびそれに関連するエンターテイメントサービス。Xbox LiveやGame Passなどのサブスクリプションサービスも提供しています。

Surface: マイクロソフトが設計および販売するハイエンドなパーソナルコンピューターのラインナップで、タブレット、ラップトップ、デスクトップの形態があります。

*部門にカーソルを合わせると、売上高がわかります。単位百万ドル。

決算のポイント
  • 売上高は4四半期ぶりに二桁増収を達成。
  • 3部門全てが市場予測を上回る増加率を示し、営業利益も市場予測を上回る。
  • 企業向けウド版Office365、総合クラウドサービスAzureが28%増収と、前四半期からの成長を継続。

株価は回復後堅調に

*株価は月末終値。カーソルを合わせると株価がわかります。単位ドル

トップのコメント

“*コパイロットによって、私たちはAIの時代を世界中の人々と企業にとって現実のものにしています。我々は、顧客の生産性向上を推進するため、技術スタックのあらゆる層、あらゆる役割、ビジネスプロセスにAIを急速に導入している”

-マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)

*コパイロット(Copilot)は、AIを活用してMicrosoft 365のアプリケーションの使用を支援する機能です。

関連記事はこちらからも↓

マイクロソフト、4-6月期/Q4,2023はクラウドサービスの強さを確認、Azureのさらなる成長に期待!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次