MENU
再スタート、準備中。 ボタン

ショート「Short」の意味がよくわかる、『マネー・ショート〜華麗なる大逆転』、日曜に映画と音楽。

株式投資に興味が出てくると、アンテナが高くになり、色々な情報が入りやすくなってきます。長期投資的には聞き流した方が良い場合が多いのですが、人間の欲望を表すものでもあるわけですので、上手に付き合いたいものです。さっぱり、更新されない「日曜に映画と音楽」。せっかくですので、現代の投資の世界を垣間見ることができる、私のお気に入り映画を2本、ご紹介します。まず1本目は、

目次

マネー・ショート 華麗なる大逆転(邦題)

『The Big Short』監督 Adam McKay(アダム・マッケイ)2016年3月公開

  • ジャンル=コメディ、ドラマ、歴史、バイオグラフィー

サブプライムローンをきっかけとする、リーマンショックは米国経済に多くの苦難を残しました。そのサブプライムローンがいかに適当で、だれもその仕組みを説明できなかったことがわかる内容です。株、投資の世界ではショートするは「売り」を意味します。誰もが信じて疑わなかったローンの仕組みに、疑問をもちそれを、売る

こと(下げるほうにかける、この場合はそのいい加減なシステムがいずれ崩壊する方に賭けること)で莫大利益を出した男たちの物語です。吹き替え版がオススメです。アメリカ映画ですので、イケメン出演は当たり前ですが、クリスチャン・ベールとブラッド・ピットがいい味を出しています。

あわせて読みたい

アマゾンアソシエイトにリンクしています。↑

YouTubeでの予告はこちら↓

原作となった本です→

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる