MENU
再スタート、準備中。 ボタン

ゴジラvsコングを見てきました!ネタバレなし。日米対決の勝負は・・?

公開が遅れていた『Godilla vs.Kong』が7月2日にいよいよ封切りされ、遅ればせながら、今週の火曜日に観てきました。期待を裏切らない、ゴジラ好きには堪らない作品に仕上がっていたと思います。ネタバレなしの、感想です。

Godzilla vs. Kong
目次

結局誰と誰の戦いなのか?

ゴジラ対コング

最初の疑問は、コングをなぜ、「キングコング」ではなかったのか?何故、キングを付けなかったのかということ。それは、前作『ゴジラ キング・オブ・モンスター』のラストシーンに明らかにされてるように、ギドラを破り、ゴジラがキングとなっていることが理由だと思われます。もう一つの理由が、今回ではっきり見ることできました。

破壊神 vs 守護神

日本のゴジラシリーズのハリウッド版でもある、”Gozilla”ですが、ゴジラの誕生からこれまでの歴史を踏まえ、ビルや発電所を破壊する初期のゴジラの姿を考えると、悪役としてのゴジラのイメージを大切にした、破壊神と呼ぶのは自然の流れかもしれませんね。一方、コングは、アメリカ育ちの乱暴者だけど、大切な人を守るためには、命がけで守るという、ヒーロー的なところを表す意味での、守護神と個人的には解釈しました。

日本 vs アメリカから〜の・・

日本育ちのゴジラとアメリカ育ちのコングが対決する姿は、まさに日米決戦ですが、ヒーローモノのストーリー展開のラストは、やはり、正義が勝つでした。さすが、ハリウッド!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる