MENU
再スタート、準備中。 ボタン

3月以来の大きな値下がりの1週間だった、先週の米国株式市場。

[table id=220 /]

 

目次

米主要3指数は、3月以来の大幅な下落

先週1週間の動きでは、東京株式市場は、前の週とほぼ変わらずでしたが、米国市場の主要3指数は、今年3月以来の大きな下落となる、1週間でした。NYダウは、週明け早早の11/19に▼395ドル、11/20に▼550ドルと下落。企業決算のなかでも、小売関連企業の冴えない見通しに、景気への懸念が強まったことと、原油価格の値下がりで、エネルギー株が売られたことが、理由として上げられていました。

エネルギー、ハイテク大手売られる

感謝祭明けの、23日も、原油先物価格が、およそ8%下落。米国株式市場は短縮取引ではありましたが、エクソン・モービル(XOM ▼2.67%)、シェブロン(CVX ▼3.38%)が売られ、また、アップやアマゾンのハイテク大手も売りの対象となり
大きく下落していました。

原油価格の値下がりは、それ自体では”供給過剰”という理由があげられますが、株式市場にとっては、”世界経済の減速”ととられ、リスク回避の動きから短期的には、株が売られ、債券にお金が流れるという、ネガティブな要素に目が向きがちです。

 

米中首脳会談

今週は、11/30から開催される、G20首脳会議(ブエノスアイレス)での米中首脳会談に注目が集まります。日米市場とも様子見姿勢が強まる、一週間になりそうです。

関連記事はこちら↓

原油価格の下落を消化できなかった?先週の市場の動き。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる