MENU
再スタート、準備中。 ボタン

海外投資家は、現物買越し、先物を今度は売越しの9月4週の動き。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

9月4週(9/25〜29)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 +2,018億円の買越
先物 ▼1,445億円の売越

合計で、+573億円の買越

でした。

先物で
(9/11〜22)2週〜3週にかけて

12,446億円+8,506億円
=20,952億円と、

2兆円を超える買越をして
いた、海外投資家。それが

一転、逆に

先物で売越、現物を買越

してきたことに、

どういう変化があるか
わかりませんが、

先物→ヘッジファンド
現物→海外の投信、年金

と考えれば、

海外投資家の中でも、
投資期間の長めの

資金が日本株をじっくり、
腰を落ち着けて買いにきている?

という解釈もできるかもしれません。

国内は、選挙ムード一色ですが
結果が読めない状況です。

マーケット関係者がのぞむ、

「与党勝利」(大勝利でなくても
いい、過半数維持程度でOK)

の状況になるかどうかは、
まだまだ予断を許さないところですが、

連休明け、明日10日の

「北朝鮮労働党創建記念日」
何も起こらないことを、

祈るばかりです。

9月2週の動きついて
こちら↓

9月3週の動きについ
こちら

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる