MENU
再スタート、準備中。 ボタン

投票日までの、上昇に期待するのは・・・

選挙で勝つのは・・・

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

9月3週(9/19〜22)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 ▼611億円の売越
先物 +9,117億円の買越

合計で、+8,506億円の買越

でした。

先物だけの動きを見ると、
9月2週と3週だけ(9/11〜22)

12,446億円+8,506億円
=20,952億円と、

実に、2兆円を超える買越し
をしていることになります。

緊迫する北朝鮮情勢よりも、
3連休(16〜18)明けの

衆議院解散、総選挙の報道
が、ヘッジファンドを中心

とする、海外投資家の
*ショートカバーに拍車をかけて
いたようです。

私達日本人が考えている以上に
彼ら、ヘッジファンドは、

日本の政治の動きに敏感に反応する
傾向が強いと言えます。

解散総選挙→与党勝利→
安倍政権の維持、アベノミクス継続
(日銀の金融政策も変わらず)
→日本株の上昇

というシナリオで、動きはじめ
たのかもしれません。

データでみても、

「解散→投票日」までの
日経平均株価の騰落率が

過去50年では、

上昇したのが、14回
下落したのが、1回

ですから、
海外投資家、ヘッジファンド
でなくても、

買いが優先されるのも納得できます。

ただ、

マスコミまで巻き込んだ、
「安倍政権打倒」

「緑の小池旋風」など、

予測不能な要素も多くあります。

選挙では
何が起こるかわからないという

ことを、米国のトランプ大統領誕生で
経験したのは、つい最近のことです。

ショートカバーや9月2週の動きついて
こちら↓

 

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる