MENU
再スタート、準備中。 ボタン

7/10-7/14、今週のマーケット。インフレが落ち着いてきているとの判断から、利上げはあと1回とポジティブに捉える!?。

※アフリエイト広告を利用しています

目次

主要指標の動き

利上げはあと1回?

指標7月14日7月7日騰落率
NYダウ34,509.0333,734.88+2.3%
S&P500 4,505.42 4,398.95+2.4%
ナスダック14,113.7013,660.72+3.3%
ドル/円 138.79 142.16
米国10年国債利回り(%) 3.84 4.07
~7/14まで

今週の主要3指数、NYダウは、5日続伸、S&P500とナスダック総合指数が週末14日の金曜日こそ下げるも、4日続伸と、順調に推移していました。

12日に発表された、6月の消費者物価指数(CPI)が、前年同月比+3%(5月+4%)となったことで、インフレ緩和が進み、これまでの利上げ効果を確認できたのではとする市場関係者の声。これにより、7/25-26のFOMCでの0.25%の政策金利の引き上げはやむを得ないものの、それで打ち止めになるのではとの、期待感がはたらいていたようです。

元FRB議長、2022年ノーベル経済学賞受賞。ベン・バーナンキ氏の講演を中心にまとめた本です。髙橋洋一氏監訳・解説。少し古いですが、⇩

注目の経済指標など

6月の消費者物価指数(CPI)

  • 6月*CPIは、前年同月比 +3.0%上昇
  • **(食品・エネルギーを除く、コア)のCPI は、同+4.8%(5月は、5.3%)

*CPI(🟦前年比)と政策金利(FFレート🟧上限値)6月まで。コアPCEデフレーター(🟥前年比 4.6~4.7%に貼り付いています。FRBが目指す2%には、依然開きがあります。)は、5月までの数字。棒グラフにカーソルをあてると詳細がわかります。

CPI消費者物価指数、**コアCPIは消費者物価指数からエネルギーと食品を除いた指数。またコアPCEデフレーターは、食品・エネルギーを除いた名目個人消費支出(PCE=Personal Consumption Expenditures)を実質個人消費支出で割ったもので、FRBが最も重要視している指標と言われ、この数値が2%になることをFRBは目標としています。

7月以降のFOMC(米公開市場委員会)

2023年日付(すべて火曜と水曜日です)
7月25日〜26日
9月19日〜20日
10月,11月31日〜11月1日
12月12日〜13日
7月以降のFOMC
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次