MENU
再スタート、準備中。 ボタン

海外投資家の売り続く、8月第3週。

お盆の最中に、彼らが…

8月第3週(8/14〜18 東証から)
も引き続き、海外投資家は

日本株を

現物  ▼2,057億円
先物  ▼3,267億円

とそれぞれ売越しています。

この間の日経平均株価の動きは
8/15の
19,753円から
8/18の
19,470円まで

前日比200円前後の幅で、上下を
繰り返す、展開でした。

8月に入り(1週〜3週)これまでに
海外投資家は、

現物▼5,098億円
先物▼6,845億円

の現物、先物とも売越。

また、円/ドルのポジションでは、
(  *米国シカゴマーカンタイル取引所
CMEのIMM通貨先物ポジション。

この数値は、ヘッジファンドによる
投機的なポジションを示すものと
されています。   )

7月10日あたりの、

1ドル=114円前後の水準から、

円売りから、円買いが増えてきて
8月は、円買い優勢で、

1ドル=110円割れを実現しています。

海外投資家の株式市場の動き、
特に、先物市場と為替を重ねて

みると、すべてではありませんが
円売り、日本株買いポジションが

解消されて、
円買い、日本株売りのパターンに
なっていると想定できます。

このやり方は、
海外投資家のなかでも、

ヘッジファンドが得意とするもの
ですので、売買代金の少ない

(一日あたり、2兆円前後)

状況で日本株と、そして円を
激しく売買しているものと思
われます。

関連記事はこちら↓
ヘッジファンド vs 日銀、
最後に勝つのは!?

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる