MENU
再スタート、準備中。 ボタン

ヘッジファンド vs 日銀、最後に勝つのは!?

最後に勝つのは?

8月に入り、海外投資家の売りが目立って
きています。東証が毎週発表する

投資部門別売買状況売買によると
8月1週(7/31〜8/4)
現物 ▼   295億円
先物    ▼1,097億円

8月2週(8/7〜8/10)
現物 ▼ 2,746億円
先物 ▼ 2,481億円

▼は売越を意味します。
先物は、日経平均株価や
東証株価指数などの指数先物

です。

単純に、利益確定の売りなのか
それとも、東京株式市場に対し、

弱気のスタンスに変化したのか
わかりませんが、常に、売買代金

のシェアで6割以上を占める彼の
行動には、神経質にならざるを
えません。

また海外投資家、特にヘッジファンド
が得意とする、ペアトレード

円売り、日本株買いの手仕舞い(反対
売買)

円買い、日本株売りが進んでいるのでは

という憶測もあり、なかなか積極的な
姿勢にはなれない状況が続いているよう
です。

これらの動きに対し、
日銀は、ETF(上場型投信)を通じ、

同期間(7/31〜8/10)
3,773億円と、継続して、日本株を
購入しています。

うがった見方をすれば、
日銀が、買ってくれるから

海外投資家、
ヘッジファンドも安心して?

日本株の売りをだしているとも考えられ
ここでもいろいろな思惑を呼んでいます。

それでも、日経平均株価が、

7/31
19,925円
8/10
19,729円

と、200円以内の下落で済んでいるのは、
日銀による、”買い支え”?が

効いている証かもしれません。

関連記事はこちら↓
海外投資家の売りに対抗するのは?
②日銀のETFを通じて・・

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる