MENU
再スタート、準備中。 ボタン

確定拠出年金 、事業主の掛け金は、いくら?Q &A

目次

Q.11
企業型DCの場合の会社が拠出する掛金額は、どのくらいに
なりますか?

A.11

企業型DCで会社が毎月拠出する掛金が「事業主掛金」です。
この掛金の計算方法は、「定額」「給与に一定の率を乗ずる
(定率)」「定額と定率の組み合わせ」のいずれかの方法で
するかを企業は確定拠出年金規約に定めなければいけません。

「定額」では、加入者全員が同じ額の掛金になります。例え
ば、1万円と定めた場合、加入者全員に対し、1万円を拠出す
ることになります。

「給与に一定の率を乗ずる(定率)」では、加入者の給与に
対し、定率を乗じた額を掛金として拠出するやり方です。

の給与は、給与規定などの定められた給与やポイント制

退職金制度のポイント、厚生年金保険の標準報酬月額のほ

かに、確定拠出年金のための給与を就業規則などに特別に

定めることも認められています。

事業主掛金の計算方法は、企業年金連合会のアンケート

によりますと、

「定額」を採用している企業が全体の
 12.0%、
「給与に一定
の率を乗ずる方法(定率)」が、
 84.8%、
「定額と定率の組み
合わせ」が
 3.2%となっています。また、

厚生労働省統計によりますと、
事業主掛金の平均額は

月額1万4,055円となっています。
(2013年11月末)

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる