MENU
再スタート、準備中。 ボタン

5月5週投資家の動き。したたかな個人と日銀のETFに注目!

目次

5月5週(5/28-6/1)は、先物でも売り越しの海外投資家

JPX(日本取引所グループ)によると、5月5週(5/28-6/1)の投資部門別売買状況、海外投資家は、現物を、▼3,076億円、先物を▼2,621億円で合計、▼5,697億円の売り越し。4月の第1週から5月第3週まで7週間続いていた、海外投資家の合計買い越しが4週に途切れ、5週は、先物でも売り越しとなりました。

日経平均(終値)は、4月1週から5月3週まで21,567円から22,930円と1,363円(+6.32%)上昇。売り越しとなった、4週、5週は、22,450円(5/25)と
22,171円(6/1)大きく下がらないまでも、22,000円台止まりとなっていました。

したたかな個人投資家?

さて、下記の表では、海外投資家と、国内の個人投資家、事業法人の現物株の売買状況とそして、日銀による、ETFの購入額をまとめ、それに月末の日経平均株価をつけてみました。すべてでは、もちろんありませんが、
4月は、21,000円から22,000円半ばまでの範囲で、5月は、下値が切り上がり、少し範囲が狭まり、22,000円から、23,000円までの間で、個人が上手に売買している姿が想像できます。4月は、海外投資家に加え、日銀のETF購入、5月は、海外投資家に変わり、ETF購入と、事業法人の自社株買い等に対し、売りをぶつけている印象を受けます。

[table id=6 /]

 

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

日銀のETF購入に狙いを定め

目安として、「日経平均は、下がっても、21,000円割れぐらいで、それ以下の水準は、むしろ絶好の買い場。下がれば、タイミングによっては、海外投資家(ヘッジファンド)のショートカバーも入るかもしれないし、なんといっても、日銀のETF購入があるから安心だ。上値は、23,000円で十分。」と個人投資家が、現在のマーケットを達観しているのなら、したたかな投資家といえるでしょう。※あくまでも、私自身の見解です。

日銀によるETF購入額は、今年に入り、先月5月までに、およそ2.4兆円ほどに達しています。年間6兆円の予定ですので、あと3.6兆円を、年内購入することになります。これまでの動きからみると、相場観を持たず、前日比数%の下げに対し、粛々と購入を継続していますので、それを狙い撃ちする?個人投資家のスタンスは、これからも変わらないかもしれません。

よく読まれている記事です。↓
ヘッジファンドのショートカバーとは

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる