MENU
再スタート、準備中。 ボタン

日銀のETF保有額は、2017年末に20兆円を超える規模に。

目次

今年はすでに1兆円

日銀による、ETF(株価指数連
動型上場投信)の購入の推移は、

2012年末1.5兆円
2013年末2.5兆円(1.0兆円)
2014年末3.8兆円(1.3兆円)

そして、

2014年10月には日銀が行なった
「量的・質的金融緩和」の一環
として、購入額を年間3兆円とし、

2015年末6.9兆円(3.1兆円)
2016年末11.2兆円(4.2兆円)
*()内は、増加分概算

さらに、

2016年の7月には
年間3.3兆円から

6兆円へと
増加のペースを上げていきました。

その結果、

日銀が、2017年に購入した
ETFは、

およそ 5兆9000億円。

ここまでの累計では、

17兆4200億円にもなります。

含み益

また、株式の値上がり益を含めた
時価では、

2017年末には、

20兆円以上とも

言われています。

さらに、今年、2018年も6兆円の
ペースで購入される予定ですので、

年末には、

購入金額が、累計で
23兆4000億円程度になる見込み
です。

2018年は、すでに

1月 4,638億円
2月 6,076億円

合計で、1兆714億円

のETFの購入となっています。

参考までに、日銀がETF購入
を本格化させた、2015年以降の
年末の

日経平均株価は、

2015年末 19,033円
2016年末 19,114円
2017年末 22,764円

です。

※ETF購入金額は、日銀の
サイト等より。

日銀によるETF購入が心の支え。投資家心理は複雑!?

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる