MENU
再スタート、準備中。 ボタン

函館出張へ。宿は、またまたルートイン。北海道で一番の老舗珈琲店のコーヒーがサービスで飲めるのが嬉しい。函館観光がかなわず・・・残念。

11月最初の週は、函館でお仕事でした。2泊3日の出張で、JRでの走行距離は1,078km。さすがに、老体にはきつい。緊急事態宣言終了以降は、公共交通機関も利用する人が少しすつ増えてきているようですね。良かった😁。

目次

出張のおともに

今回から、私がいつも出張時に携帯している、便利なデバイス、グッズ等を紹介していきます。Macbook Air13インチとiPhone ,iPad mini、そしてApple Watchの充電用に以下の↓2つを重宝しています。(*Amazon アソシエイトを利用しています)

北海道は広い!!

長い旅のはじまりは、帯広から。札幌までは、スーパーとかち2号(画像撮り忘れ😅) 。1時間ほど時間調整して、スーパー北斗10号で函館へ。

  • 帯広6:45→札幌9:34(220.2km,2時間49分)
  • 札幌10:42→函館14:27(318.7km,3時間45分)

出張族の強い味方、えきねっと!

北海道内での移動は、私の場合は、高速バスとJRになります。高速バス特集(笑)は、いずれすることにして、JRの利用に欠かせない「えきねっとトクだ値」について。ネットで、予約→登録しているクレジットカードで支払い→QRコード取得→駅の販売機でQRコードをかざし、購入。QRコードだけでそのまま乗車できれば良いのでしょうけど、JR北海道ではまだできないようです。『えきねっとトクだ値』の良いところは、割引きっぷを利用できることです。

帯広~札幌間の通常料金は7,790円(乗車券+特急券)ですが、45%割引のトクだ値を使い、4,280円。札幌~函館間も通常9,440円のところトクだ値で8,010円でしたが、こちらは15%割引でした。(※13日前までに予約可能ならさらに、『お先にトクだ値』がありこちらは25%〜40%オフ。)

このように、事前にスケジュールがはっきりとしている場合は(前日でも路線によってはトクだ値があることもありますので)えきねっとのサイトを覗いてみることをお勧めします。→詳しくは、えきねっとトクだ値へ

ルートイングランティア函館駅前

函館の宿泊は、駅前のルートイン(ルートインのまわし者ではありません😅)。天然温泉が13階にあります。ゆっくりとお湯につかりながら、旅の疲れを癒しました。そして毎度のことですが、嬉しいコーヒーサービス。このホテルでは1932年(昭和7年)創業、北海道で一番老舗の珈琲店、美鈴コーヒーさんの豆をマシーンでドリップしてくれます。👍ナイス!!

朝食は、バイキング(ビュッフェ)スタイル。函館らしく、新鮮な海の幸からチョイスでき、私は甘海老を膳に並べ、また贅沢な朝食をいただきました。出張の醍醐味、ホテルの朝食です。

函館でラーメン

札幌の味噌、旭川の醤油、函館の塩が北海道3大ラーメンとされていた時期もあったようですが、函館では、私はいつも函館麺屋ゆうみんで「チャンポンメン」を食べているので、自然とそちらに足が向いてしまいます。ピリッと辛いところが、好きです。

今回もゆっくりと観光もできずに、函館を後にしました。次回こそは湯の川温泉に泊まりそして・・・妄想が止まりません。

函館ひと口メモ

  • 函館の人口は、札幌(1,958,997人)旭川(333,735人)に次ぐ、255,022人で北海道第3位(住民基本台帳人口2020/1/31より)
  • 北海道新幹線→新函館北斗〜新青森間は2016年(平成28年)開業、新函館北斗〜札幌間は2030年開業予定。新函館北斗〜東京は現在、3時間58分で走行可能。

これまでの出張とホテルは・・・

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる