MENU
再スタート、準備中。 ボタン

今週のマーケット、8/7-11。四半期決算を終えた後も、利上げと景気配慮への綱引き?

  • FRB(米連邦準備理事会)理事による、来年の利下げをほのめかす発言を好感
  • 7月CPI(消費者物価指数)は3.2%で市場予想の3.3%を下回り、金利の据え置き気運高まる?
  • 中国の経済指標の弱さから、世界景気への影響を懸念
目次

今週のポイント

様子見、不透明感のはじまり?

指標8月11日8月4日騰落率
NYダウ35,281.4035,065.62+0.62%
S&P5004,464.05 4,478.03▼0.31%
ナスダック13,644.8513,909.24▼1.90%
ドル/円  144.96 141.78
米国10年国債利回り(%) 4.15 4.04
~8/11まで

利上げ据え置き期待・・

「利上げ継続か、据え置きか、景気への配慮からの利下げかをテーマのように繰り返すマーケット。引き続き、目先的には政策金利の決定に関係のある、高官発言や経済指標にナーバスにならざるを得ない状況です。

グラフで見る、利上げ効果

2023年CPIと政策金利、NYダウの動き

↑インフレ(CPI-消費者物価指数🟦/左目盛%)に対する、政策金利(FFレート🟧/同%)の利上げ効果が読み取れると思います。一方、株価、NYダウ(折れ線グラフ/右目盛ドル)は、利上げ終了を織り込み、ここからは、景気の動向を意識?し始める段階になっているかもしれません。

* CPIは、7月まで、政策金利は誘導目標上限。直近の7月FOMCを8月まで反映。NYダウは各月末と8/11の終値

決算発表から

8/4時点で、4-6月期決算は S&P500種構成企業のうち80%が発表を終えているようです。前年同期に比べると、売上高でちょっと+プラス、当期利益とEPS(一株当たり利益)が少し▼マイナスのような全体のイメージです。7-9月期の見通しも市場予想(コンセンサス)には、前向きなサプライズとなるものは少なく、期待が先送りされている状況です。

その理由として、継続している利上げによる世界的な需要の伸び悩みとインフレによるコスト増が指摘されています。またこれまで世界経済を牽引してきた中国の景気悪化が報道される機会が多くなり不透明感が出てきているのも、今週の特徴でした。

今後のスケジュール

日本ではお盆休み、米国では夏季休暇と市場参加者が少なくなる8月中旬となりますが、それ以降は結構重要なスケジュールが続きます。

8月
23日エヌビディアの決算発表
24日 〜26日 *ジャクソンホール経済シンポジウム
31日7月の個人消費支出(PCE)
9月
1日8月の雇用統計
13日8月の消費者物価指数(CPI)
19日〜20日FOMC
下旬8月の個人消費支出(PCE)
10月31日〜11月1日FOMC
12月12日〜13日FOMC
2023年8月
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次