MENU
再スタート、準備中。 ボタン

アマゾン、2021年10-12月(Q4)決算は、特需の反動もありサプライズとはならずとも、AWSの成長は加速へ!

Q4では、売上高はひとけた成長にとどまり、ほぼ市場予想通り(若干未達)。

目次

まとめ

  • 主力のEコマース関連事業は、特需の前年同期比から伸び悩み
  • 輸送費の高騰や賃金上昇も足かせに
  • アマゾンプライム、FBA(配送サービス)の値上で補う
  • クラウドコンピューティングのAWSは成長を加速
  • 株価は年初来下落傾向

2021年10-12月(Q4)決算概要

利益の上振れは・・・

2021/10-12月期(Q4)2020/10-12月期(Q4)前年同期比
売上高137,412 125,555+9.4%
営業利益 3,460 6,873-49.7%
当期利益 14,323 7,222+98%
EPS 27.75 14.09+97%
決算概要(※単位百万ドル EPSはドル)
  • 売上高は、1,374億ドル(市場予想は1,378億ドル)
  • 営業利益は34億ドル
  • *当期利益は14億ドル
  • *EPSは27.75ドル

*当期利益やEPSが大幅に増えているのは、11月に新規公開(IPO)を完了したリビアン・オートモーティブ社への普通株式投資による評価益118億ドルが営業外収益に含まれています。

リビアン・オートモーティブ(Rivian Automotive=シンボルは、RIVN)-昨年11月に、新規公開した電気自動車の新興メーカー。5人乗りのピックアップトラックとスポーツ用多目的車を得意とします。アマゾンはリビアンに電動の配送バン10万台を発注する一方で、このRivianの株式を一株当たり78ドルのIPO価格で約2億ドル分購入が明らかに・・・両社の関係は深まっています。環境を考えた未来の向けての、アマゾンの戦略が見えます。

売上高のうち・・・

全体の売上高1,374億ドルのうち、AWSは、前年同期比40%増の178億ドルと好調継続。

オンラインストア 66,075
サードパーティセラー 30,320
AWS 17,780
広告事業 9,716
サブスクリプション 8,123
実店舗 4,688
その他  710
Total net sales137,412
*2021Q4売上高より管理人が抜粋まとめました。単位百万ドル

コスト増を値上げで補う

政府給付金プラス、巣ごもりで大きく需要の延ばした前年に比べると、やはりEコマース事業(オンラインストアやサードパーティセラー)にその反動が出てくるのは仕方がないと思います。また、輸送費の高騰、賃金の上昇等でEコマース関連事業にコスト増を強いられたのもQ4でしたが、アマゾンは米国でFBA(Fulfillment By Amazon=配送代行サービス)を1月に、プライム会費を2月にそれぞれ値上げを行い、コスト増を補う対策を見せています。

孝行息子のAWS

サプライズとはならなかった、Eコマース関連事業に対して、クラウドコンピューティングのAWS部門は、前年同期比売上高+40%、営業利益+49%の増加で絶好調を維持しています。

復習、AWSとは

AWS(Amazon Web Service=アマゾン・ウェブ・サービス)は、世界で最も包括的で広く採用されているクラウドプラットフォームです。世界中のデータセンターから200以上のフル機能のサービスを提供。急成長しているスタートアップ、大企業、主要な政府機関など何百万もの顧客がAWSを使用してコストを削減し、俊敏性を高め、イノベーションを加速させています。

トップのコメントは・・・

『・・・お客様にサービスを提供するためにチームがどれだけ努力したか、私は感謝し、誇りに思っています。年末年始の予想通り、労働力の供給不足とインフレ圧力によるコストの上昇が見られ、これらの問題はオミクロンの影響で第1四半期に入っても続いています。このような短期的な課題にもかかわらず、私たちはパンデミックからの脱却に向けて、引き続き楽観的にビジネスを進めています。より多くのお客様に迅速なサービスを提供するためのフルフィルメントネットワークの拡充、AWSの驚異的な成長、「The Lord of the Rings」や「Thursday Night Football」などの著名な新エンターテイメントの追加など、様々な取り組みを行っています。また、Alexa、Ring、Grocery、Pharmacy、Amazon Care、Kuiper、Zooxなどの分野で構築している多くの新機能など、今後数カ月、数年にわたって楽しみなことがたくさんあります』

-アマゾンCEO、アンディ・ジャシー

DeepLで翻訳しました。⇧2022.2.3 アマゾン2021.10-12月期決算より

アマゾンは、「競合他社よりも顧客を重視する」「発明への情熱」「卓越したオペレーションへのコミットメント」「長期的な思考」という4つの原則を掲げています。

※フルフィルメント((Fulfillment)とは、遂行、実行、実現などを意味しますが、今では通信販売事業やEC(電子商取引)事業において、受注後の商品仕分けや梱包、発送、代金請求までの一連の業務を総称する言葉として使われています。 

株価、株式時価総額、通期決算

  • 株価=3022.84ドル(3/1終値)
  • 年初来株価下落率▼9.34%(同期間のS&P500は、▼9.65%)
  • 時価総額は、およそ1兆5,382億ドル、約177兆円(3/1現在)
  • 前年2021年12月期通期の売上高は、4,698億ドル、営業利益は249億ドル

これまでのアマゾンは・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる