MENU
再スタート、準備中。 ボタン

日経平均株価は小幅に続伸(18日)、円安で安心感が広がる。

目次

円安の安心感

 18日東京株式市場、日経平均株価は
 前日比+91.99円高の
  22,930.36円(+0.40%)
 と小幅続伸。

 ※昨日同様、日経平均のいち日の
 高値から安値までの値幅は、87円ほど。
 

 前日の米国株式市場は値下がりして
 いましたが、
   円が1ドル=111円をつけたことを追い風に
   日経平均は終日プラス圏で推移しました。

 国内上場企業の決算発表を終え、
 今期の想定レートが、1ドル=105円
 という見方が多いため、

 現在の110円程度であれば
 企業業績にもプラスに働くと、
 投資家に安心感を与えていると思います。

 それでも、
 節目の23,000円を目前に、足踏みをしている
 状況では、新たな買い材料が欲しいところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる