MENU
再スタート、準備中。 ボタン

日経平均株価(2日)は500円超の下げ。トランプ大統領、ほえる!?

目次

トランプ大統領、課税強化へ

3月1日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
前日比▼420.22ドル安の

24,608.98ドル(▼1.68%)。

他の主要指数は、

S&P500
2,677.67
(▼36.16/▼1.33%)

ナスダック
7,180.56
(▼92.45/▼1.27%)

ニューヨークダウは、
3日続落。

この日は、

金利上昇への懸念
ではなく、

トランプ大統領が鉄鋼輸入品に
対して25%、

アルミニウム製品には10%の
関税を課す方針を発表すること
を明らかにしたことで、

価格上昇(インフレ)や

中国などの貿易相手国からの
報復措置で、

貿易摩擦(貿易戦争?)への懸念

を理由として、下落につながった
ようでした。

FRBの要人からは、

パウエル新議長の議会での
発言をタカ派的にとらえる
流れを、

なだめるようなコメントも
ありましたが、

トランプ大統領に、消されて
しまった感があります。

気になる2つの数字、

米国10年国債の利回り
2.81%(前日 2.87%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
22.47(前日 19.85)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

東京株式市場は、米国株安をそのまま・・

2日の東京株式市場、
日経平均株価は、

21,181.64円
(前日比▼542.83円/
▼2.50%)

米国株式市場の不安定な
動きをそのまま引き継ぐ

カタチで、今週の取引を
終えています。

28日、1日、2日の
3日間で、

1,200円以上の値下がり
となりました。

「円高傾向」(105円台)も
加わり、

投資家心理は、悪化は
来週も続きそうです。
貿易戦争への懸念うずまく

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる