MENU
再スタート、準備中。 ボタン

JPX400、東京市場(30日)は嵐の(政策決定会合)前の手控え?

[table id=58 /]

目次

決定会合を前に、動けず

週明け、30日の東京市場は反落。
朝方は、前週末のハイテク株を中心とする
米国市場の下落の流れを嫌気し、売りが先行。

午後から、日銀金融政策決定会合を前に
手控え気分が強まり、安値圏での動きでした。

決定会合で、市場が注目しているのは、
・これまでの金融緩和政策に修正があるのか
・対象ETF(TOPIX型、225型など上場投信)の購入比率の見直し

 の2点になりますが、会合後の黒田日銀総裁の
 会見の一語一句にも、神経質にならざるを得ない
 状況のようです。

 今週の予定↓

今週は日銀会合、米雇用統計、ソニーやアップル等の企業決算に注目。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる