MENU
再スタート、準備中。 ボタン

JPX400(17日)、東京市場は続伸。底堅い米国株と円安で。

[table id=36 /]

17日の東京株式市場、日経平均株価は
連休を挟んで3日続伸。

連休中に米国株が底堅く動いたことや
1ドル=112円台の円安が追い風となりましたが、

取引時間中におよそ、1ヶ月ぶりの22,800円を
つけたあとは、利益確定の売りにもおされ
上げ幅を縮小していました。

昨日発表された、中国と米国の経済指標では、
中国の4-6月期のGDP(前年同期比)は、
6.7%(予想も同じ)と、前回の6.8%から
落ち込み。

「貿易摩擦とあわせて
中国の景気減速に神経質にならざるを得ない
投資家も多く、中国関連の日本企業の株で
値下がりするのものがあった」と市場関係者。

一方、
米国6月の小売売上高は、前月比0.5%(予想も同じ)
と堅調に推移しており、楽観的な見方をする意見も
ありました。

また、
市場では、本日と明日(米国時間)行われる
パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長の議会証言
が注目されていました。

いずれにしても、米中貿易摩擦をはじめとする
アメリカの通商政策対する要人の発言や、日米企業の決算
発表などをみながらの、展開が続きます。

16日の米国市場の動き↓

米国株式市場(16日)エネルギー株が下げ、好決算の銀行株が強い。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる