MENU
再スタート、準備中。 ボタン

東京市場(8日)投資家心理いまだ、不安定。NYダウは変動幅大。

目次

世界同時株安への懸念残る

一段の世界同時株安懸念は
後退しつつあるかもしれませんが、

日米株式市場の動きからは、
投資家の不安心理は、遠のいた
とはいえないようです。

7日のニューヨークダウは
19.42ドル安の

24.893.35ドル。

※高値から安値までの幅は、
500ドルほどありました。

これを受けた、

8日の午前中の日経平均株価
(前場の終値)は、
43.65円高の

21,689.02円でした。

※高値から安値の幅は
253円です。

米国金利の高止まり

大幅値下がりのきっかけとなった、
米国金利(10年国債の利回り)は

2.84%

と高止まりしていることが

個人的には気になります。

あわせて読みたい↓

日米株式市場の下落を増幅させるHFT(超高速・高頻度取引)の正体とは??

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる