MENU
再スタート、準備中。 ボタン

28日の東京市場は続伸。日経平均は、2万3千円回復も維持できず。

[table id=111 /]

目次

23,000円を回復も続かず

28日の東京市場、TOPIXとJPX400は3日、日経平均は、6日続伸。米国市場の大幅高の流れを受け、東京マーケットでも、取引開始直後は、日経平均は一時200円を超え、およそ2か月半ぶりに、23,000円を回復。しかし、その後は買いは続かず、徐々に上げ幅を縮める展開となりました。

NAFTA(北米自由貿易協定)に進展

米国とメキシコの間では、通商協議の進展があり買い材料となりましたが、肝心の米国と中国の間の協議は依然不透明さがのこり、そのあたりが今日の動きにあらわれていたと思います。「23,000円台を固めるには、売買代金で3兆円前後がほしいところ」とボリューム不足をなげく市場関係者がいました。

27日の米国市場↓

米国市場(27日)は、大幅に上昇。NAFTAの進展を好感

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる