MENU
再スタート、準備中。 ボタン

JPX400(15日)は値下がり。中国株安を嫌気、任天堂大幅下落。

[table id=89 /]

目次

中国市場の値下がりを嫌気

15日の東京市場、主要3指数は
いずれも、反落。前日の米国株式市場の
上昇と円安を手がかりに、小幅続伸で
スタートするも、戻り売りと後場からは
中国上海市場の値下がりが嫌気され
売られました。

ゲーム関連株が大幅に売られる

また、中国のゲーム業界を監督する
政府機関が再編され、多くのゲーム会社が
3月以降、販売ライセンスが下りるのを
待っている状態にあることが伝わり、

任天堂などゲーム関連株が、大幅に
売られていました。

任天堂(7974)の株価は
34,850.0円(▼1,060円/▼2.95%)

国内企業4-6月期の決算発表も終わり、
買い材料は出尽くしたのでは、とする
市場関係者もおり、ネガティブなニュースには
反応しやすい状況が続くことを頭に入れておく
ことが必要です。

前日の米国市場↓

米国市場(14日)は反発。市場予想を上回る企業決算を評価

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる