MENU
再スタート、準備中。 ボタン

11日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりの値下がり。シリア情勢の緊迫化?

目次

シリア情勢の緊迫化?

11日の東京株式市場、日経平均株価は、
前日比▼107.22円安の

21,687.10円(▼0.49%)

3日ぶりの値下がり。

朝方は米国の大幅高やドル高・円安など
の流れを受け高くはじまるも、

目先の利益確定が先行し、
上値を抑えました。

また、トランプ大統領によって軍事行動の
可能性も示唆されている、

シリア情勢の緊迫化から、
警戒感も出て、売りにおされる展開と
なりました。

米国株式市場(10日)は、大幅高。中国対話重視?で警戒感が後退。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる