MENU
再スタート、準備中。 ボタン

個人投資家と日銀が、密かに動く!?海外投資家は、クリスマスで・・・

海外投資家がクリスマス休暇?に入り
本日の東京マーケット、株式市場は

個人投資家と、日銀によるETFの購入
がらみの商いが中心。

さすがに、迫力不足を否めず、売買代金
も2兆円を割り込んでしまっています。

毎年のことですが、クリスマスの時期に
海外投資家(ヘッジファンドが中心です)
が、いかに東京市場で

メインプレーヤーになっているかを
確認することになります。

日経平均株価の本日の終値は、
22,939.18円(高値は、22,948.83)

11月9日の、瞬間につけた

23,382.15円に、再度チャレンジして
いますが、

23,000円を超えるまでには、
なっていません。

23,000円を節目と考え、

そのあとの目安は・・・

参考までに↓(11/28ブログ記事より)

バブル崩壊後の高値
22,666円(96/6/26)
-これはクリア

長期的な動きをみるのに良く
使われるのが、

フィボナッチ比率

まずは、
日経平均株価の高値
38,957円(1989年12/29の高値)

日経平均株価の安値
6,994円(2008年10/28の安値)

38,957円−6,994円=31,963円

この下げ幅を使います。

a.31,963円(下げ幅)の半値(50%)
戻し

15,981円+6,994円=

22,976円
-これもすでにクリア
(11/9には、一瞬高値
23,382円まで)

b.31,963円下げ幅の61.8%戻し

19,753円+6,994円=

26,747円

フィボナッチ比率は利用する、
投資家も多く、

今後の目安とするのが、
良いでしょう。

バブル崩壊後の最高値を更新した日経平均株価が、まだアガるかもしれない3つの理由。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる