MENU
再スタート、準備中。 ボタン

2018年も海外投資家と日銀の駆け引きは続く!?2017年の株式売買動向より。

東京証券取引所第1部の時価総額は
およそ、710兆円という過去最大の
レベルにあり、

日々の売買代金の3兆円超えも、珍しい
ことではなくなってきています。

東証が10日発表した、2017年
投資主体別売買動向(東京・名古屋、
1部・2部などの合計)では、

海外投資家は、3年ぶりの買越。
売買代金のシェアは、68.9%
ですので、いかに

彼らのウェイトが高いかがわかります。
買越額は、

7,532億円

個人は、株価上昇局面での利益確定
が優先され、

5兆7934億円の

売越でした。売買代金シェアは、
21.9%。

公的年金等の信託銀行は

938億円の買越、シェアは
3.6%でした。

その他、詳細はこちら

一方、

日銀が2017年に買い入れた
日本株の上場投資信託(ETF)

は、累計で5兆9000億円を超える
水準。これらは、

売却されることのない、もちきり
ですので、海外投資家以上に

日本株式市場にとっては、
インパクトのある、

しかも、マーケットを下支えする
パワーをもっているといっても
言い過ぎではないでしょう。

日銀は、異次元の金融緩和政策の
一環として、2010年からETFの購入
をはじめています。

直近の推計では、24兆円規模(株価
上昇による、含み益もあり)に達して
おり、現在の東証1部時価総額

の3%を占めるまでになっています。
日経によると、

上場企業の4社に1社で日銀が
株主の上位10位以内に入って
いると言うことです。

2018年も、年間6兆円ペースで
日銀は、ETFを購入していく
予定ですので、

海外投資家との駆け引き?は
注目されます。

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる