世界企業の時価総額ランキングとマーケット

ランキングは好きですか?

まだ、予断を許さない状況ですが、マーケットの世界では、地政学
上のリスクや、フランス大統領選(仏のユーロ離脱)の結果等によ
る、悪いシナリオは回避されるという流れになっているようです。

懸念材料が、払拭されると、景気や経済、企業の業績といった、
ファンダメンタルズを評価するのが、株式市場の特徴でもあります。

欧州では、フランス(CAC40指数)はもちろんのこと、ドイツ(DAX
指数)、イギリス(FT100指数)、さらにはスペイン(IBEX指数)、
イタリア(MIB指数)の南欧諸国の株式市場も、銀行株を中心に先週は
全面高となる場面がありました。

米国株式市場においても、ハイテク株を中心とするナスダック総合指数
が史上初の6,000ポイント台を達成。トランプ大統領就任からの、ご祝
儀的な?「トランプ相場」から、業績相場へと移り、堅調に推移してい
ます。企業の規模をあらわす時価総額のトップ5をみても、米国ハイテ
ク企業の好調さが目立ちます。それにしても、でかい。

世界の企業時価総額ランキング
1.アップル(AAPL)7,540億ドル  82.5兆円
2.グーグル(GOOG LアルファベットA)6,080億ドル  66.9兆円
3.マイクロソフト(MSFT)5,240億ドル 57.6兆円
4.アマゾン(AMZN)4,340億ドル 47.7兆円
5.フェイスブック(FB)4,240億ドル 46.6兆円

※数字は、4月末時点、概算。円は、1ドル=110円で計算。()は、
その企業のシンボル。

因みに、日本企業のトップは、
トヨタ自動車(証券コード 7203)の、1,795億ドル、19.7兆円
世界ランキングでは、40位前後のところにいます。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る