アメリカンドリームを買う!?米国企業の魅力

米国を忘れてはいけない

世界の株式時価総額を国や地域別
でみると、米国がおよそ半分を
占めています。

資産配分(アセット・アロケーショ
ン)を考えた場合でも、やはり
アメリカ抜き、すなわち米国企業
はずすわけには、いきません。

資産運用もグローバルに考えるのが
基本になります。

我々が、日々のニュースで、聞く
ニューヨークダウは、

米国株式市場全体の動きあらわす歴史
と伝統のある株価指数です。

1896年に算出が開始され、
米国経済の成長と共に歩んできたと
言っても過言ではありません。

様々な業種の代表的銘柄(企業)で
構成されています。米国では、

実に、5,000社以上が取引所に上場
しています。ニューヨークダウ

はそのうち、たった30の企業(銘柄)
で構成されているのですが、時価総額
では、全体の約2割をカバーしています。

もし、あなたが、アップルのような
米国企業の成長を享受したいのなら

米国、ニューヨークダウの動きに連動
する、インデックスファンドに投資
してみるのも、賢い選択です。

この分野でのおすすめは、
ニューヨークダウインデックスオープン
・購入時手数料 2.16%
・換金時に信託財産留保額 0.2%
・信託報酬   0.7452%
・運用会社
三井住友トラスト・アセットマネジメント

※外国もののファンドですので、費用は、
国内のインデックスファンド等より
割高です。それでも、各金融機関が

販売にちからを入れているものよりは
安いです。

これまでの、国内株式型
おすすめETF(上場型投資信託)
とインデックスファンドは、

ETFは
TOPIX連動型上場投資信託
・銘柄コード 1306  /売買単位10株
・購入時手数料ー証券会社による
・信託報酬0.1188%/年
・運用会社
(野村アセットマネージメント)

インデックスファンドは
ニッセイTOPIXインデックスファンド
・購入/換金手数料なし
・信託報酬0.1944%/年
・運用会社
(ニッセイアセットマネジメント)

両者のちがいは、上場しているか
していないかの差で、東証株価指数
(TOPIX)の動きに、連動する

商品構成であるところは同じです。
詳細については、こちらを↓
ETFとインデックスファンドは、
シンプルが売り。その違いは?

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る