景気の起爆剤になる!?米減税法案可決。そのスケールが凄い!

米国議会は20日、

10年間で1.5兆ドル(約170兆円)
の巨額な減税法案を可決。

トランプ大統領は就任1年弱で初
めて大型公約を実現したことに
なります。

連邦法人税を35%→21%に一気に
引き下げることで、

企業投資を強く後押し、また

個人減税を1兆ドル規模に
積み上げ、

個人消費を刺激することが
期待されています。

「米国第一」を

掲げるトランプ大統領は、

企業や個人をうるおし、活力を
高め、

米国を豊かにする好循環をつくる

という公約の実現にむけて、
いよいよ動きはじめたと言えます。

減税による恩恵が大きいと思われる
部門は、

金融や小売りが多く、

すでに海外の低い税率の国に拠点を
移してきたIT(情報技術)や製薬

は恩恵は乏しいとする金融機関の
試算もありますが、

いずれにしても、

米国景気、経済の起爆財になることは
確実なようです。

連日の米国株式市場の株価更新は
その先取り?をしているのかも
しれません。

関連記事はこちら↓

大型減税実現に向けて、期待が高まる、米国株式市場。また最高値更新!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る