日米企業の違いは、やはりソフトのところ?

発想の米国、技術の日本

優秀な製造業を国内にもつ、日本人とし
ては、欧米企業の製品よりも、

made in Japanのブランドを重んじる
傾向が強いのではないでしょうか?

団塊の世代には、昔から舶来
(はくらい)品を重宝する人はいまし
たが、車や家電関係は特に、

日本メーカーに対する信頼には
揺るぎないものがあります。

しかし、

身の回りを注意深くみてみると、

米国企業の発想によってつくられた、
製品が結構あることに驚かされます。

つまり

生活必需品やIT関連にいたるまで、
それぞれの分野で根っことなる

特許やソフトの部分を
米国企業に握られている、

という事実でもあります。

例えれば、

米企業が
「こんなことができると
素晴らしいのだが・・・」と発想したと
して、

「でも、それを実現するための技術が・・・」

そこで、

日本企業が
「その技術は我々で何とかなりそうです」

というような、イメージでしょうか。

iPhoneに使われている、部品の多くが、
日本メーカーであることは、

その一例です。

前置きが長くなりましたが、
そんなわけで、

ソフトの強い米国企業と

技術力をもつ、日本企業を

少しずつ紹介していきたいと
思います。最初に

ニューヨークダウに採用されて
いる30の米国企業

見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る