『株式投資投資の未来』が、このブログを書くきっかけになりました。

なぜ、株式投資をするのか?

デフレ経済によって低迷するマーケッ
トから復活し、今後緩やかな上昇過程
に入る日本の株式市場をどのように、

予測し伝えていくかが、勉強会やセミナ
ーでの私の課題でした。

日銀の金融政策が重要な要素であること
は、その通りなのですがそれ以上に、も
っと根本的なこと長期投資の前提である、

右肩あがりの株価上昇をイメージする
裏付けが不足していると感じていたか
らです。

そんなときに出会ったのが、

『株式投資の未来』〜永続する会社が
本当の利益をもたらす〜
ジェレミー・シーゲル著

-瑞穂のりこ訳 日経BP社
2005年11月 第一版発行

でした。印象的なところを抜粋、引用
しますので、参考にしてください。今後
も機会をみて、少しずつ紹介していきた
いと思います。

『・・・信頼される識者も経済世界の終末
の日を予見している。*ピーターソンや**
コトリコフらの警告はこうだ。

社会の高齢化が進み、貯蓄率がどうしよう
もなく低い上に、労働力不足が現実のもの
となれば、経済は崩壊する。そうなれば、
米国の数千万にのぼる退職者の生活は破綻
する・・・

わたしも、米国の将来は人口動態に左右さ
れるとの見方に賛成するひとりだ。ただし、

わたしたちが直面する人口動態のトレンドに
ついて独自に調査した結果、

いまではピーターソンやコトリコフらの悲観
論には強く反対している。独自のモデルを使っ
て、人口動態と生産性の関係を長期的に分析し、
こう確信するようになった。

世界は崩壊の淵にあるどころか、
これからいよいよ成長が加速する段階にある。』

*『燃料切れ(Running on Empty)』の著者
**『世代間闘争(The Coming Generational Wars)』
の著者でボストン大学経済学部教授

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る