株式投資をなぜ、しなければならないのか?

株式を敬遠する人はかなりいる。

『株式投資の未来』〜ジェレミー・シーゲル〜より↓

『 株式リターンが、債券を上回るのはなぜか?ものすごく突き
詰めていうと、こうなる。株式市場のリターンは、投資家がどこ
まで債券の短期的な安全性を捨て、株式のリスクを引き受けよう
とするかで決まる。こうしたリスクを、ただで引き受けるものは
いない。リスクを引き受けるなら、見返りがなければならない。

諺にいうとおり、今日手に捕まえた一羽を逃すのは、明日藪で二
羽捕まえるためだ。国債などの安全な投資先に対する株式のリター
ンの上乗せを、株式の「リスク・プレミアム」という。*過去200
年間、株式のリスク・プレミアムは平均3%だった。
※米国市場のことです。

『・・インフレ率が上昇すると、債券の実質リターンは、株式よ
りはるかに大きく打撃を受ける。債券が支払いを約束するのは一
定の金額であってモノや購買力ではない。・・・
一方、株式は、実質的な資産の所有権だ。実質的な資産とは、
たとえば、不動産や機械や工場やあるいは発明であって、こうし
た資産の価格は、時間の経過につれてインフレ率を連動して上昇す
る。リターンの安定ぶりをみるかぎり、期間を長期的にとれば、
株式はインフレの影響を完全に吸収するともていい。債券は、そ
の性格上それができない。』

・・株式は他の資産に比べて、リターンが高い上に、長期的には
リスクが低く、長期的に投資するなら株式を中心とするのが正解
だ。債券を選好するのは、株式市場の短期的な変動性を避けたい
場合であり、当然ながら、リターンは大幅に低くなる。ただし、
債券は、インフレリスクのヘッジとはならない。

そして現代の貨幣経済にあっては、長期的な物価の先行きはだれに
も予想できず、インフレリスクは避けて通れない。   』

この本が出されてから、すでに10数年以上がすぎていますが、
米国株式市場のその後の動きをみると(リーマン・ショックという
大きな金融危機があったにもかかわらず)、株式のもたらすリター
ンが、いかに米国経済の成長をサポートしてきたかが、わかります。

日本は、米国に比べると、まだまだ、株式リターンによる恩恵を実
感できる状況にはないと思います。それでも、我々日本人が、東京
マーケットで、長期的な成功体験を、株式リターンによって得られ
る環境に近づきつつあると言うことができると思います。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る