バブルのなかの暴落ではなく、はじまったばかりのなかの調整か!?

まずは、現在の株価の位置から。

日経平均株価の11/21(火)前場は

22,488円。

PERは、企業の業績からみた、株価の
割安、割高をはかる投資指標です。

Price Earnings Ratioの略で、
日本では株価収益率と訳されます。

求め方は、シンプルで、

株価÷一株あたり利益(EPS)で
算出されます。

例えば、
500円の株価で、
一株あたりの利益が50円なら

500円÷50円で、PERは10倍に
なります。

マーケット全体の株価が割安か割高を
判断するときにも、良く使われます。

日経平均株価(225の企業)採用企業の
2018年3期の一株あたり利益はおおよそ

1,500円です。

本日(11/21)の前場の
日経平均株価が、

22,500円ぐらいですので、

22,500÷1,500=

予想PERは、15倍ほどです。

2013年や2015年のマーケットが
大きく動いたときの、

PERは、18倍でしたので、

仮に、1,500円のEPSで、
18倍まで買われたとすると、

18倍✕1,500円で

日経平均株価は、

27,000円になります。

単純に比較できませんが、

平成バブルのときの
ピーク時には、

PER60倍!!前後まで、
株価が買われていたことが
ありましたので、

バブルと呼ぶには・・・

関連記事はこちら↓

バブル崩壊後の高値更新した、日経平均株価の次の目安は・・・!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る