”ニューヨーク・ダウ”は米国経済を代表するたった、30の企業で構成されています。

米国株の魅力

優秀なメイド・イン・ジャパンやデザイン
・バイ ジャパンの製品に囲まれて育って
きた日本人にとって、日本製品に対する信
頼感は絶大です。

一方で、時代の先見性やアイディアという点
で、サプライズをいつも与えてくれるのは、
米国企業であることを認めざるを得ません。

日々のニュースで、「昨日の米国株式市場、
株価指数の動きは・・」と報道されますように
、日本はもちろんのこと世界の国々の経済や

株式市場の動きに影響を与えています。

ニューヨーク・ダウとは

その米国経済を代表する、米国企業の株式30
で構成されている指数が、

『ニューヨークダウ』です。『ダウ平均』とか
『ダウ工業株30種』とも呼ばれています。
の歴史は古く1896年
にスタートした指数で

米国経済の成長と共に歩んできました。
その時代時代にあった企業が採用され、
継続的な成長性や投資家の興味に配慮

した、銘柄(企業)の入替も行われて
います。様々なアメリカの業種の代表的
な銘柄(企業)で構成されています。

が、このたった30銘柄で米国株式市場
(2016年11月末現在約5,200銘柄)
時価総額の約2割を占めています。

構成銘柄(企業)30の特徴は、
①海外売上比率が高い
②高い利益率を誇る
③世界的に有名な企業が多い

どんな企業があるかというと、老舗では、
ゼネラル・エレトニック(1907年 GE)
馴染みのあるところでは、
マクドナルド(1985年 MCD)
コカ・コーラ(1987年 KO)

そして、ニューフェイスとしては、
世界最大の時価総額を持つあの企業、
アップル(2015年 AAPL)

などが、30の企業の中に入っています。
※()の西暦はダウに採用された年
アルファベットは日本の証券コードにあ
たるシンボルと呼ばれるものです。

ファイナンスなどのサイトでこのシンボル
を入れて検索すると、その企業の株が
いくらぐらいしているかわかります。

因みに、ネット証券などを通じ、個別に
これら企業の株を我々日本人も買えるこ
とができます。例えば、

米国株はひと株単位で購入可能

GE(ゼネラル・エレトニック)株に投資
しようとすると29.80(3/8 終値)ドルで
すので、為替の114円(おおよそですが

・・)をかけた値段が、日本円での取得価
格で、3,397円(その他手数料を証券会社に
払いますが、リーズナブルな手数料です。)
※GEは、2018年6月にニューヨーク・ダウの指数から
除外されています。

AAPL(アップルは)139ドル(3/8)でし
たので、

1株✕139✕114円で15,846円。
(そして手数料)

※米国株は、1株単位で買えます。100株とか
1,000株単位などの日本株とはちがいます。

世界を股にかける、グローバル企業をたった
、3,000円前後から、

買えるわけですから、米国株は、投資家に
本当に優しいと思います。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る