ニューヨークダウは史上最高値を更新!   一方、円高が気になる?東京株式市場

昨日の米国株式市場、*ニューヨークダウ
は、また史上最高値を更新して、週末の
取引を終えています。

22,092.81ドル。

スルスルとあっという間の展開です。米国
の中央銀行である、FRB(米準備制度理
事会)のスタンスに多少、

「利上げペース弱まる」

と感じとった、マーケットの動きと話す、
市場関係者がいました。

一方、東京株式市場、日経平均株価は、
20,000円に到達したものの、

米国に比べると迫力に欠ける?状況が
続いています。理由は、いろいろ考え

られますがやはり「円高」が株式市場
の上昇を抑えていると、みます。

日本経済を支える、輸出企業を中心と
する大企業、製造業にとっては、

円安による恩恵は、大きなウェイトを
占めています。つまり、

「円安」=企業業績の向上となれば、

企業業績の裏付けがあって、株価が
上昇するという原理原則にそって

考えた場合、為替の動向は株価の動き
左右する、大きな変動要因です。

過去を振り返ってみても「円高」に
よって日本企業が苦しみ、株価が

低迷する局面を、我々は幾度となく
見てきています。さて、

長期的に見た場合、今の

1ドル=110円前後の水準が
はたして、

「円高」

なのかどうなのかということにな
りますが、
企業が事業計画で想定

する、1年ぐらいの為替見通しが参考
になります。

6月の日銀短観

によると、大企業・製造業の事業計画の
前提となっている、想定為替レートは

108.31円

だそうです。であるならば、

1ドル=110円割れの水準は、日本企業
にとっても、株式市場にとっても、

きつい、レベルとなるかもしれません。

*ニューヨークダウについては、こちら↓
ニューヨークダウは、米国経済を代表
する、たった30の企業で構成・・

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る