ニューヨークダウは、24,000ドル台に。もちろん、過去最高値更新!アップルとアマゾンの株価も凄かったこの1年。

感謝祭の翌日、

「いかなる小売店も黒字化する
ほど、大盛況になる様子を

「ブラック・フライデー」

と呼ぶ金曜日から、クリスマス・イブ
までが、

クリスマス商戦と位置づけられる米国。

GDP(国内総生産)の
7割を占める、個人消費ですが、

年間売上高の内、約2割がこの期間で
達成されることから、米国景気、

経済を占う上で、この時期の米国人の
消費行動には注目せざるを得ません。

何よりも、アメリカの雇用環境が
高いレベルで安定していて

1年を通じて、米国景気が好調であり、
その締めに、今年のクリスマス商戦
があるのですから、

株式市場の期待感も大きくなるのは
自然な流れかもしれません。11/30
の米国株式市場、

ハイテクIT企業が、多く上場する
ナスダック市場こそ、下落し

6,873.97

と11/28(6,914.19)には及ばばかった
ものの

他の主要2指数のうち、終値ベースでも

ニューヨークダウは、
24,272.35ドル(高値 24,327.82)

S&P500は、
2,647.58(高値 2,657.74)

と、それぞれ過去最高値を更新
しています。

気なる米企業のうち、2017年
の年初からは、

アップル(AAPL)
171.85ドル(11/30)←116.15(1/3)
48%の上昇

アマゾン(AMZN)
1,176.75ドル(11/30)←753.67(1/3)
56%の上昇

この間のニューヨークダウは、
24,272.35←19,881.76ドル(1/3)
22%の上昇でした。

それにしても、
過去最高値更新と
9月下旬以降、
何度、書いたでことしょうか・・
・・・?

ブラック・フライデーの活況を受け、ニューヨークダウは、さらに過去最高値を更新!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る