ニューヨークダウの真実

アンバランスで上昇!?

世界には、いろいろな株価指数があります
。その多くが、加重平均株価指数なのです
が、日米両国を代表し、

最も知名度の高く、人気の
ニューヨークダウと
日経平均株価は

単純平均株価指数です。

この指数の欠点は株価が高い、いわゆる値
嵩株(ねがさかぶ
)の動きに影響を受けや
すいところにあります。

日経平均株価では、ファナック(6954)
TDK(6762)などが、日経平均株価が
上下する先導役として、寄与する

値嵩株の常連です。

ニューヨークダウも、やはり
ボーイング(BA)やゴールドマン・サック
ス(GS)、アップル(AAPL)といった、

グローバル企業の株価に引っ張られる傾向
が強くなります。

今週、8月8日にまたまた、

史上最高値を更新したニューヨークダウ上
昇の中身をみてみると、

昨年末から、8月8日までの上昇率は、

ニューヨークダウが
19,762ドル→22,085ドル( +11.7%)

ボーイング(BA)
155.68ドル→239.50ドル(+53.8%)

アップル(AAPL)
115.82ドル→160.08ドル(+38.2%)

となっていました。

証券系のシンクタンクのレポートの中には、
年初来のニューヨークダウの約2,300ドルの

上昇のうち、ボーイング、ひとつの銘柄で
実に、550ドルあまり、これにアップルが
加わると、2つあわせて850ドル近く上昇に

寄与していたというものがありました。

優良企業アップルやボーイングには売上が伸
びた、好決算に支えられた、株価の上昇なの
ですが、指数としてのニューヨークダウ、

ダウ工業株30種平均としてはほんの数企
業数名柄の寄与によっ
て、指数全体が押し
上げられている、

アンバランスな?上昇にあることを忘れて
ならないと思います。

関連記事はこちら↓
ニューヨークダウ上昇を支える、
2つの企業とは?

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る