ノーベル経済学受賞教授も悩ませる、ニューヨークダウの上昇。史上最高値更新!

今年のノーベル経済学賞は、
経済学に心理学を応用した意志決定の
分析を行う、「行動経済学」に

貢献した、シカゴ大学の
リチャード・セイラー教授でしたが、

その教授が、

「私の生涯を通じ、最も不透明だと
思えるこの時期に・・・
株価の上昇の理由が何なのか、
私には、わからない・・」

と悩ませるほど、

ニューヨークダウは、
いっきに

23,000ドル台を上回り、またまた
史上最高値を更新しています。

ノーベル賞を受賞した人間が
わからないのですから、

予測をしても、仕方がないので(笑)
私にできることは、

「ニューヨークダウ」についての
復習ぐらいでしょうか?

ニューヨークダウ
(ダウ工業株30種平均)に採用されている

アメリカ30の企業を紹介しています。
これまで、紹介した企業は、

21社です。30分の21。

アップル(AAPL)

ゼネラル・エレクトリック(GE)

ボーイング(BA)

プロクター・アンド・ギャンブル
“P&G” ( PG)

インテル(INTC)

コカ・コーラ(KO)

ジョンソン・エンド・ジョンソン
(JNJ)

ビザ(V)

アイビーエム(IBM)

マイクロソフト(MSFT)

ウォルマート(WMT)

ベライゾン・コミュニケーションズ
(VZ)

ファイザー(PFE)

ウォルト・ディズニー(DIS)

マクドナルド(MCD)

ナイキ(NKE)

メルク(MRK)

ゴールドマン・サックス(GS)

トラベラーズ(TRV)

ホーム・デポ(HD)

エクソンモービル(XOM)

ニューヨークダウについてはこちらを↓

ニューヨークダウ(ダウ工業株30種平均株価)とは・・・

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る