ニューヨークダウの上昇を支える、2つの企業とは?

いつまで・・

米国の株式市場、ニューヨークダウは
史上最高値更新が続いています。

昨日も終値こそ、前日比マイナスだった
ものの取引中の高値は、

22,179.11ドル

と、前日、7日の高値を上回るところま
まできています。

トランプ政権の混迷とは裏腹に、株式
市場が堅調なのは、
①好調な企業業績
②低水準の長期金利等
があげられると思います。

直近の四半期決算では、

事前の予想された企業業績を上回る
米企業が、7割を超えるほどで、その
好調さぶりが伺えます。

金利については米長期金利(10年国債)
が、2,2%〜2.3%と低水準で推移。

FFレート(フェデラルファンド・レート
短期の政策金利)の予想でも、

9月の利上げは確率が低く、
年内の追加利上げがせいぜい、
『あと1回か?』などどと

楽観的な見通しが広がっています。

米国FRBが、金利政策を決定する
FOMC(連邦公開市場委員会)
(7/25、26)後からの連騰から
わかるのは、

少しでも、利上げに消極的な動きを
FRBが見せれば、株式市場には
安心材料となり、上昇につながる
ということです。ただ、

ニューヨークダウの上昇を詳しくみて
みると、ダウに構成される30の企業の

うち一部の企業(銘柄)によって、上昇が
支えられていることがわかります。

特に、目立つのは、ボーイング(BA)
とアップル(AAPL)。

ニューヨークダウは、日経平均株価の同じ
ように、単純平均の株価指数ですので、

どうしても、値嵩株(ねがさかぶ 株価の
高い銘柄)に影響を受けやすくなります。

ボーイングが、座席数(180〜230ぐらい)
コンパクトなサイズの航空機の需要を
捉え、

アップルは、新型iPhoneへの期待で
それぞれ売上の伸ばしているという
背景はありますが、

2企業だけで、ここまでの
ニューヨークダウの上昇にかなり
寄与していることは覚えておいたほうが
良いでしょう。

関連記事はこちら↓
ニューヨークダウは、米国経済
を代表するたった、30の企業で
構成されています。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る