ニーサ、積立ニーサ、確定拠出年金、3種の神器(さんしゅのじんぎ)を比較してみた

比べることが、好きですか?

投資家、資産運用をするものにとっ
て大切なのは、あくまでも「税引き後」
の利益(リターン)なので、

非課税の枠や税制面での優遇措置を

最大限に利用することが、とても
重要です。

税金分のリターンを稼ぐことは、な
かなか大変なこと
です。逆にいうと、

リスクを高めないでリターンを向上さ
せることもできるのが、

資産運用面での『節税』です。

下記の表は、どの口座を使うか?
という、”口座配分”、

アセット・ロケーションを考えるとき
の参考になるように、

『三種の神器』をざっくり、比較した
ものです。

 NISA積立NISA*iDeCo(イデコ)
非課税枠年間120万円年間40万円14万4000円〜81万6000円
投資できる期間5年間20年間60歳までの掛金/運用70歳
最大投資額総額600万円総額800万円上限なし
税制優遇(拠出時)なしなし控除により所得税・住民税が軽減
(運用時)運用益(売却益、分配金、配当)が非課税運用益(売却益、分配金、配当)が非課税運用益(売却益)非課税
(受取時)なしなし退職所得控除、公的年金控除
利用対象者20歳以上の国内に住む人20歳以上の国内に住む人60歳未満
投資対象の金融商品株・投信信託・ETFなど一部の投資信託・ETF預金、保険、投資信託
制度の期限2014年〜2023年2018年〜2037年60歳になるまで
流動性いつでも換金可能いつでも換金可能60歳まで引き出しできない

*確定拠出年金は、個人型(iDeCo)
で比較。非課税枠の金額は、
勤めている勤務先、自営業等によって
ちがいがあります。

※積立NISAは、2018年から。比較表
の内容は、2017年8月時点。

関連記事は、こちら↓
三種の神器のうちあなたは、どれを
使いますか?

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る